へっぽこデザイン備忘録 〜レイヤーに基づく新規スライスにムダな余白がつく〜

udon2

今回はPhotoshopの「レイヤーに基づく新規スライス」の機能を使う際に、ムダな余白が入ってしまう!という問題です。

結論から言いますと、
基にしたレイヤーのレイヤースタイルで外側に境界線を作っている
からです!

内側にして下さい!

こちらで解決した方はこれ以上読まなくて大丈夫です!

一件落着!

ここから先は、上記の結論でわからなかった方の為に順を追って説明します。

結果のみ知りたい方は④だけ見てください。

「レイヤーに基づく新規スライス」にムダな余白が入る

 

①バナーを作る

スクリーンショット 2016-08-01 19.54.45   

バナーサイズの四角(グレーのやつ)をテキトーに配置してバナーを作ります。

スクリーンショット 2016-08-01 20.16.29
はい、できました。

しずってますか?

 

②境界線を引く

スクリーンショット 2016-08-01 20.42.35
バナーを作るとき、よく外側に1ピクセルの境界線を引きます。

いろいろな方法があるのですが、私はこの作り方の時は最初のグレーの四角にレイヤースタイルで「境界線」をつけます。



スクリーンショット 2016-08-01 20.17.18
はい、できました。

 

③レイヤーに基づく新規スライス

いよいよスライスを引きます。

「レイヤーに基づく新規スライス」という機能を使います。

この機能はすごく便利で、基にしたレイヤーのサイズが変わると、スライスのサイズも自動的に変わります。

スクリーンショット 2016-08-01 20.18.32

はい、でき、あれっ

あれっ・・・!?

なんかムダな余白が・・・?

udon2
udon2-02

はぁあ!?!?!??

(オレンジの線が実際の画像のサイズなので、内側の白い部分も画像に含まれています)

 

④境界線を「内側」にする

そうなんです!先ほど境界線を「外側」に設定してしまいましたが、「内側」にしなくてはいけないのです!

「外側」にすると、ムダな余白がつき、バナーサイズも変わってしまいます。



「内側」にすると、スライスがピッタリ!

スクリーンショット 2016-08-01 20.19.57


バナーもピッタリ!

 udon2
udon2-02
これで完成です!

やった〜!

————–蛇足————– 私はデザインうんぬん以前に、いろいろやらかします。 師匠である上司さんにも「こんなの初めて見た・・・」と言われるような原因不明な事態によく陥ります。 そしてこれはそんな私の私による私のための備忘録的な記事です! もし同じ境遇に陥っている珍しい方がいましたら、お役に立てれば嬉しいです。 これは検索しても中々でてこなかったので、たぶん私しか困っていないかもしれませんが・・・。 私はこれが解決しなかったため、うどんも食べられずに終電で帰ることになりました。 ————–蛇足————–

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. A4781_I1
  2. 01
  3. trademark_logo
  4. 013のコピー
  5. images-1
  6. ダウンロード
  7. DSCN1097
  8. スクリーンショット 2015-02-28 17.06.19

ピックアップ記事

  1. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-4-31-55

    2016-12-26

    今回はどのドラマが選ばれる!?!?ザテレビジョンドラマアカデミー賞!!!

    出典:https://thetv.jp/feature/drama-academy/list/fuj…

ピックアップ記事

  1. 240_f_102976387_zvuqypo1tx2eek1yef3fhtlupfthe9f4

    2016-10-14

    【テクニック不要!】合コンで絶対に守るべき5つのポイント

    合コンで出会った女の子となかなか次に発展しない… お礼のLINEを送っても返ってきたことがない…そ…

ピックアップ記事

  1. 019e4ce2a2a8089f68904bdf49ee6833_m

    2016-11-16

    れんこんサミットって何!?11月17日はレンコン記念日!今夜はレンコン料理で決まり!!

    みなさん、今日が何の日かご存知ですか!?そう、今日は!!レンコンの日!!!!です!!!!レンコンの日…
ページ上部へ戻る
Top