【W杯】2022年に実現!? 机の上にピッチを再現!! AR技術を駆使した近未来の試合観戦方法とは一体!?

 

まくびーず読者の皆様!

 

どうも、こんにちは!

先週に引き継ぎまくびーずの日曜日を担当させて頂きます

ユージです!

 

まずはこちらのニュースをご覧下さい!

 

W杯開幕、地元ロシアが快勝発進 日本は19日に初戦:W杯速報ニュース

ポルトガル3―3スペイン ロナルド3得点で引き分け:W杯速報ニュース

マイクロソフトがARヘッドセット『Hololens』を使った未来のスポーツ観戦のイメージ映像を公開 | ふかふか交易所

 

6月14日に開幕した2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会!

多くの方々は、自宅のTVで試合中継を観戦しているのではないでしょうか。

 

転載:http://www.a-map.jp/

 

しかし、2022年のW杯から、この観戦方法は変わるかもしれません!

なんとワシントン大学の研究者たちが、AR技術を使って、

机の上などにバーチャルなピッチを再現し、

試合観戦できるアルゴリズムを研究しているそうです!

 

【W杯】2022年に実現!? 机の上にピッチを再現!! AR技術を駆使した近未来の試合観戦方法とは一体!?

 

研究者たちが開発しているのは、2Dの試合場AR/MRデバイス面を3Dに再構築する、

機械学習のアルゴリズムだそうです!

 

転載:http://fukafuka295.jp/

 

3D映像の視聴には、マイクロソフトのHoloLensのようなデバイスを利用します。

この技術を使えば、自宅の机の上などにバーチャルなピッチを創り出せるとのこと。

すると視聴者は机の周りで、自分の好きな角度から観戦することができるのです。

 

転載:http://fukafuka295.jp/

 

残念ながらこの技術は、2018年のW杯には実用化が間に合いそうにありません。

しかし未来のスポーツ観戦を変えるヒントになりそうです。

もちろん試合会場で直接観戦するのとは別物ですが、TVで見るよりははるかに臨場感があります

そして海外の会場に足を運ぶことに比べれば、ずっと安く体験できます

驚くべきことに研究者たちは、ARを作るのに必要なのはYouTubeのサッカー動画だけ、としています。

 

しかし現在、このシステムはまだ開発の途上にあります。

例えばボールの位置を、正確に再現することができないとか。

またプレイヤーの画像は、2Dの切り抜きのように浮かび上がってしまうそうです。

 

研究者の一人であるRematas氏は、こうした課題を解決するべく

「次のステップは、ゲーム映像の再構築の質を上げることです」

特にボールの位置を正確に再現し、より鮮明にプレイヤーを3D化したいです

と話しているそうです。

 

2022年のW杯は、自宅でAR観戦できるかもしれませんね!

今後の技術革新には目が離せません!

 

以上、今回はここまでです^^

それではまた来週

 

ユージ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ピックアップ記事

  1. 2016-11-16

    これから必ず来るのはこの女優3選!!!

    出典:http://www.incent.jp/incent/talent/iriyama/&nbs…

ピックアップ記事

  1. 2016-8-11

    jqueryでtableを整形する便利プラグインDataTables!

    jqueryとDataTablesでお手軽table操作Webページで動的なデータの表を作ることって…

ピックアップ記事

  1. 2016-7-17

    京都ダリ展に行って来ました

    7/1(金)から京都市美術館で開催している、 ダリ展に行ってきました。【過去のダリ展記事】 [blo…
ページ上部へ戻る
Top