【バルミューダ】敢えて残した一手間が特別感を演出!! モノ消費よりもコト消費!? 定価の4倍のトースターが売れる理由とは!?

 

まくびーず読者の皆様

 

どうも、こんにちは

先週に引き継ぎまくびーずの日曜日を担当させて頂きます

ユージです

 

まずはこちらのニュースをご覧下さい

 

お客さんが欲しいのは、家電じゃない。おいしい体験なんです。 | カンパネラ

 

電気屋さんに行ったときに『バルミューダ』の

トースターを見たことがある方はいますでしょうか

 

一般的に5000円弱で売られるトースター市場で、

22,900円という高価格にも関わらず、

かなり売れているらしいんです

一体どうしてこんなに売れたんでしょう

 

【バルミューダ】敢えて残した一手間が特別感を演出!! モノ消費よりもコト消費!? 定価の4倍のトースターが売れる理由とは!?

 

バルミューダ』が売れた理由の一つに挙げられるのは、

ちょっと面倒な一手間」なんです

 

一般的なトースターと違って、パンを焼く際には、

給水口に水を注ぐ作業が必要だそうです

普通は消費者のために手間を省くところで、

あえて手間を残したんです

 

この手間があることで、「この一手間がパンを美味しくする」という特別感が生まれます

さらに、高価格であること高級感のあるフォルムが相まって、

商品に期待をしちゃうみたいなんです

普通はネックになるはずの高価格や手間が、プラスに働いたんですね

 

売れたもう一つの理由が「体験を売る」ということなんです

マーケティングを勉強されている方なら「モノ消費よりもコト消費

っていう言葉を聞いたことがあるんじゃないでしょうか

まさにこれをやったのが『バルミューダ』なんです

 

実はトースターの開発と並行して、それを使った美味しい

レシピの開発を進めてホームページにアップしていたんです

 

このレシピを見た消費者が実際に作った料理をSNSにアップし、

それが広まっていくことでブームになったんですよ

 

思い切った戦略でトースター市場のトップに立った『バルミューダ』。

皆さんが働く会社でも役立てられるかもしれないですね!

 

以上、今回はここまでです^^

それではまた来週

 

ユージ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2016-11-3

    藤原里奈さん(株式会社 長崎の路地裏Cafe社長)インタビュー ~ポップコーンに賭けるアイドル社長の情熱~

    美人とか、社長とか。そんなわかりやすい記号を身にまとった彼女を、思わずついつい「美人社長」って持ち上…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-16

    れんこんサミットって何!?11月17日はレンコン記念日!今夜はレンコン料理で決まり!!

    みなさん、今日が何の日かご存知ですか!?そう、今日は!!レンコンの日!!!!です!!!!レンコンの日…

ピックアップ記事

  1. 2016-9-7

    狂気あふれる話題のゲーム『Year Of The Ladybug』最新トレイラー本日公開!初公開イラスト、制作陣コメント有り!

    狂気溢れる話題のインディーゲーム!最新トレイラー本日公開!! https://www.youtub…
ページ上部へ戻る
Top