アイムグラップラー

グラップラーせいじという男

グラップラーせいじです。

初めまして。

いきなりの登場で大半の方は驚いたと思います。

でもね、ちょっと待って!

僕自身がいちばんこのブログを書いていることに驚いてるから!

僕は「グラップラーせいじ(早大卒)のサラリーマン、いち抜けた!」というブログを個人でやっています。

http://blog.livedoor.jp/grapplerseiji/

そこから派生し、このまくびーずブログでも書かせてもらうことになりました。

ブログ精神にのっとりこれから書いていこうと思います。

 

グラップラーせいじってどんな人??

グラップラーせいじは只今、34歳。

1982年生まれ。img_2122

ごめんね、いきなり本人じゃなくてミニファミコンに目がいっちゃうような写真選んで。

ミニファミコンいいよね。

友達の家に持って行ってやったりしてるよね。

でもね、この年末に実家に帰った時にやろうとしたらね、HDMIっていうつなぎどころが実家のテレビになくてね。

出来なかった思い出があるよ。

母さんもひたすら、あ、「グラップラーマザー」もすごく申し訳なさそうにしてたけど、全然しょうがないと思ってたよ。

姪っ子にはかわいそうな思いをさせちゃったけれど。

だから、今、ミニファミコンを持っていて今度実家でプレイしようと考える人がいたら、気をつけてね!

二の舞にならないでね!

グラップラークイズ

そうそう、グラップラーの今年初めて食べた、松屋のメニュー気になる?

なんだと思う?

新年だし、初クイズだね!

正解は?

 

img_2222

 

キムチチゲ膳だったんだわ!

領収書見た?

1月4日でしょ?

正確には3日の深夜かな。3々日すごく食べたけど、最後にやっぱりがつんと食べないとなって思って、夜中、一人で自転車漕いで松屋行って。

妻もたぶん気づいてないんじゃないかな、グラップラーが松屋に行った事。

あ、そうそう、グラップラー、結婚してる。よろしくね。

グラップラーせいじが好きな擬音語

グラップラーはね、擬音語が好きでね、昔から。

最近でいうと、「バシュッ!」だったり「ガルルル」とかが好きだったりするかな。

「ガルルル」はとんねるずのスポーツ王の時のタカさんだね。

あ、そうそう、グラップラー、とんねるずが好きでね。

「マラガの海の贈り物」になりたいといっつも思ってるし、「第4学区」の復活も誰よりも願っていたりしている。

本題からずれたから、もう、ずれたまんまでいくね。

あと、テレビで言うと、グラップラーが好きなのは、「アド街」。

「出没!アド街ック天国!」ね。

これはねえ、もうやめられないよね。あのゲストの席に座る事が出来るんだったら、グラップラー、なんでもやれる気がする。

サーティーワンアイスだけで一ヶ月間過ごせって言われても、あの席に座れるんだったら、全然やれる。

ほんとそれくらい。

ここ5年くらいでいちばん街中を歩いてて嬉しかったのが、

img_4427

荒川遊園で遊んでたら、アド街のロケ隊と出くわしたこと。

嬉しすぎて、嬉しすぎて、ほんとに「出没」するんだなって思った。

そういう意味でも出没なんだなって思ったし、本当に荒川遊園を「天国」だと感じた。

これからのグラップラー

今後とも、よろしくね。

グラップラーらしく、これからも書かせてもらおうと思ってる。

グラップラーが見るもの、グラップラーが食べるもの、グラップラーが追いかけているものをありのままに書こうと思ってます。

 

最後に、中学校時代のサッカー部の時のグラップラーの写真を載せてお別れします。

 

img_4689

 

アイムグラップラー!

The following two tabs change content below.

グラップラー せいじ

最新記事 by グラップラー せいじ (全て見る)

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ピックアップ記事

  1. 2016-10-11

    【秋ドラマ】2016年10月ドラマ、最速情報!!!!

    出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/  日本テレビ「地味にスゴイ!校閲…

ピックアップ記事

  1. 2016-9-7

    フリースタイルダンジョンはなぜ流行ったのか??初心者でもわかるラップの楽しみ方!!!!

    引用:http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/ なぜ今…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-11

    自分が思いついたサービスは他の誰かも考えている

    こんばんにちは。日時過ごしていると、こんなサービスあればいいのに。なんてことをよく考えることがある。…
ページ上部へ戻る
Top