「ロボット」は たまにサボる。

  • 2013/9/5
  • この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

今日はSEOについて、
Googleの「ロボット」にフォーカスして発信したいと思います。

――――――――――――――――――――――――

SEOの目的は検索結果上位を獲得することですが、
この検索結果を左右する、大きな要素に「ロボット」があります。

鉄でできた

20110704160926

こういうものではなく、Googleの子分のようなもので、
ネットの海を光速で泳ぎ回り、世界中のWebサイトを解析しています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

このロボットが「このサイトはクルマのサイトなんだな」
など分析し、分析結果が「優れたサイトだな」となれば、
検索結果上位に上がることになります。

このロボットに「正しく分析される」にはポイントがあります。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆ スマホ版ページは別に作らない。

Webサイトをスマホに最適化させる際に、
A:「スマホ版ページを新しく作る」
B:「PC版のページを使いつつ、レイアウトをスマホ用に変化させる」
という選択肢がありますが、
この「A」の場合、基本的にはスマホ版とPC版で「URL」が別になります。

じつはこれがロボットの「混乱」をまねきます。

– – – – – – – – – – – –

「ほぼ同じページなのに、2つあるぞ。なんかおかしいな。」
と思われてしまうのです。

これによってSEOの面でペナルティを受ける可能性があります。

スマホ最適化をする際には、できるだけ「B」の選択肢
選ぶことが望まれます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◆ サイトマップの登録は確実に行う。

サイトが公開された際に、Googleにサイトを「登録」することは
必須ですが、じつは「サイトマップの登録」はそれ以上に重要です。

「サイトが登録」されただけでは、じつは全てのページを
ロボットが解析してくれるとは限らないのです。

– – – – – – – – – – – –

基本的には全ページを解析してくれるようになっていますが、
数百ページあるサイトの場合、浅い階層のページだけ解析して、
「このサイトはクルマのサイトね。分かった分かった。あとは見なくてもいいや。
となるケースがあります。

この、シカトされたページは検索結果に表示されないため、
大変な損となります。

サイトマップを登録すれば、1ページ残らず解析してもらえるため、
必須な作業となります。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今日はちょっと短いですが、以上となります。

それでは またー

The following two tabs change content below.
Macbee

Macbee

Macbee

最新記事 by Macbee (全て見る)

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2016-6-29

    【医療全身脱毛】悲鳴があがるほど痛い箇所ランキング3選

    現在、医療レーザーの全身脱毛にかよっています。ハッキリ言います。めちゃめちゃ痛くて、 毎…

ピックアップ記事

  1. 2016-8-11

    jqueryでtableを整形する便利プラグインDataTables!

    jqueryとDataTablesでお手軽table操作Webページで動的なデータの表を作ることって…

ピックアップ記事

  1. 2016-7-17

    京都ダリ展に行って来ました

    7/1(金)から京都市美術館で開催している、 ダリ展に行ってきました。【過去のダリ展記事】 [blo…
ページ上部へ戻る
Top