モバイルフレンドリーアップデートが開始!

blog_20150422

こんにちは!
本日から水曜日を担当させていただくことになりました。
ながやと申します。
よろしくお願いします。

 

まずは、簡単な自己紹介をしたいと思います。
学生の頃から現在に至るまで、エンジニアの道を歩んできました。

現在は、コーディングはもちろん、デザインしたり、インフラ整えたり、たまにはセミナーしたり、フルスタックエンジニアとして活動しています。

 

ブログは、今まで何度かやってみたことがあります。

 

ネタ探しに疲弊して、スクレイピングの機能をつくって、記事の更新を自動化して、キュレーションサイトのような構成となり果てた経験があります。

 

今回こそは、気分を入れ換えて、がんばります。

ライフハックやIT技術系の役に立つ情報を、まとめていきたいと思います。

 

 

モバイルフレンドリーとは

ご存知の方も多いのではないでしょうか。
2015年4月21日(火)から、Googleによる、モバイルフレンドリーアップデートが開始されました。

 

モバイルフレンドリーとは、モバイル端末でサイトを表示したときに、見やすく扱いやすい構成になっていますよ、という指標です。

 

モバイルフレンドリーの表示

Googlebot によってクロールされ、モバイルフレンドリーと判定されたサイトには、モバイル端末の検索結果に「スマホ対応」というラベルが表示されています。

 

mobilefriendly

 

以下の条件を満たしていると、表示される可能性が高くなります。

 

・携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flashなど)を使用していないこと。
・ズームしなくても判読できるテキストを使用していること。
・ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること。
・目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること。

 

モバイルフレンドリーの確認方法

モバイルフレンドリーに対応できているのか、以下のページでURLを入力すると、簡単にテストすることができます。

 

・モバイルフレンドリーテスト
モバイルフレンドリーのテストができるページはこちら

 

モバイルフレンドリーアップデートとは

2015年4月21日(火)より、Google によりモバイルフレンドリーアップデートが開始されました。
モバイル版の検索結果では、モバイルフレンドリーに対応しているサイトの掲載順位が引き上げられました。

 

モバイルフレンドリーに対応していないと、どうなるの?

モバイルフレンドリーに対応しているサイトは掲載順位が引き上げられるので、
対応できていないサイトは、相対的に順位が下ると言われています。

 

まとめ

いかがでしたか?
私もサイトをいくつか運営しており、モバイルフレンドリーが未対応のサイトもあるのですが、
4/22 22:00 現在、検索結果の順位の影響は、そこまでないように思われます。

 

ですが、サイトの運営に携わることのある皆さんにとっては、
今後、モバイルフレンドリーへの対応の優先順位が、上がることになりそうです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2016-8-30

    へっぽこデザイン備忘録 〜簡単にWordPressのサムネイルサイズを増やす方法!〜

    シン・ゴジラ3回目見てきました。4回目行ってきます。 今回はWordpressで使うサムネイル…

ピックアップ記事

  1. 2016-9-7

    フリースタイルダンジョンはなぜ流行ったのか??初心者でもわかるラップの楽しみ方!!!!

    引用:http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/ なぜ今…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-24

    落ち込んだ時の名言のススメ

    たかが言葉、されど言葉 こんちんは。こにたんです。 誰にでも落ち込む時はあるし、誰にでも迷う…
ページ上部へ戻る
Top