一期一会

大学生活での4年間、ずっと同じ街に住んでいた。

僕はラーメンが好きなだが、その街にも駅の近くにラーメン屋が3店舗あった。

1つは某家系ラーメンの系列。

1つはその地に構える老舗の味噌ラーメン屋。

どちらも人気で、御飯時はいつも人が並んでいた。

そんな人気ラーメン店の傍、いつもガラガラのラーメン屋があった。

醤油ラーメンのお店なのだが、全然人気がない。

ラーメンのチャーシュートッピングの代わりに、ベーコンが使われていた。

何とも、安っぽいラーメン屋、そしてラーメンであった。

店主のおじいさんはいつも、駅近のマルエツに置いてる1000円のポロシャツを着ていた。

そんな人気のないラーメン屋が僕は大好きだった。

誰も知らない、まる自分だけの秘密基地のような、そんな気持ちでいつもラーメンを食べていた。

飲み終わりでの一杯は必ずそこのラーメン屋に通っていた。

といっても、そんなに頻繁に通っていたわけではない。

月に2-3回行くぐらいだ。

お客も少ないので、店主とはすぐに顔見知りになった。

店内にたくさん貼られている美術館のポスターが、その人の嗜好をあわらしていた。

ラーメン屋は半分趣味でやっているらしく、今は別の街で一人で暮らしているらしい。

老後の、暇つぶしというか、なくなってしまった人との繋がりというか生き甲斐を求めてとか、そんなようなことらしい。

奥さんは施設だったか、もう他界されてしまったのか、あるいはそもそも未婚なのか、正直忘れてしまった。

そして、4年生の2月の卒業間近で僕はその街から離れることが決まった。

最後に顔だけ出そうと決めたのだが、結局その月は一度もお店に行くことができなかった。

「まあ、またそのうち行くか」

そう思って新しい街をに越した。

そこから半年後くらいだろうか。

たまたま以前の街に行く機会があったので、久しぶりにそのラーメン屋に顔を出すことにした。

元気でやってるかな?まだラーメンのトッピングはベーコンなのかな?お客さんは入ってるかな?

そんなことを思い巡らせながらお店に向かった。

が、その店は既になかった。

別のお店が入ってるわけでもなく、ただ寂しげにシャッターが下りていた。

僕はその店を後にし、駅前に人気ラーメン屋で腹を満たして帰路についた。

The following two tabs change content below.
ぴっぴ

ぴっぴ

身体の80%以上がビールでできています。 好きな形は平行四辺形です。 好きな言葉は「我思う故に我あり」です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ピックアップ記事

  1. 2016-12-8

    岩井俊二の伝説的ドラマ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』大根仁×新房昭之でアニメ映画化!声優には宮野真守、広瀬すず、菅田将暉…

    岩井俊二監督の伝説的ドラマ、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が、脚本・大根仁(「モテキ…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-8

    女性に嬉しい♪冷え性、生理痛にも効く、万能乾燥生姜の効果と簡単レシピ

    生姜好きガンボです!! でも生姜って買っても1個使い切るのに時間がかかりませんか? 特に1人暮ら…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-14

    中目黒おすすめバー特集 Part.1

    中目黒にはオシャレなお店がたくさん。 服や雑貨、レストランだけでなく、 オシャレなバーもたくさんある…
ページ上部へ戻る
Top