涙せずにはいられなかった「ゴッホとゴーギャン展」の感想

先日、東京都美術館で開催されている、
「ゴッホとゴーギャン展」に行ってまいりました。
http://www.g-g2016.com/

あまり好きでなかったゴッホという画家

私は過去にゴッホ展にも行きましたし、
ゴッホの作品を様々なところで見ているにも関わらず
あまり好きではない画家でした。

というのも、影や闇の部分が多いように感じられて…。
生きているうちには画家として(商業的な意味で)成功せず、
自分の耳の一部を切り落としたり、
最後には拳銃自殺をしてしまう。
さらにゴッホの絵から出るあの“荒々しい印象”によって
見ていると気が滅入ってしまいそうだったからです。

c9a938e42ef142aae68f6a553f278d26

ところが、今回の「ゴッホとゴーギャン展」を見て、
ゴッホのことが大好きになってしまいました。
確かに精神的には弱い面があったのでしょうが、
これは誰でも持ち合わせている感情であり、
それを率直に表現していた、せざるをえなかったのがゴッホという画家なのかなと思いました。

ゴッホの絵はただ荒々しいわけではない

ゴーギャンとの共同生活がたった2ヶ月で、破綻を迎えているというのも初めて知りました。

共同生活が始まる前からの温度差、そして始まってからのお互いの心境の変化、
絵画に表れていく2人の芸術に対する考えの違い、
そしてゴッホとゴーギャンのすれ違っていく気持ちに、
涙せずにはいられませんでした。

ゴッホは錯乱して自分の耳の一部を切り落とし、
ゴーギャンは共同生活を終わらせ家を出ていきます。

このあとからのゴッホの絵がすごいんです。

img_7 自分の持ち合わせている感情すべてがキャンバスにぶつけられていました。
あのゴッホのタッチは、荒々しさから生まれたものではなく、
あまりにも繊細な心が生み出したのだとわかりました。

その1年半後、ゴッホは拳銃自殺しました。37歳でした。

ゴーギャンにとってのゴッホとは

そのあとの章から、ゴーギャンがタヒチへわたって描いた絵画が並びます。
パリに一度戻るものの、再度タヒチに移住し、
そしてそのままタヒチで生涯を閉じました。

main04

ここまでで感じる、2人のすれ違いや、
ゴッホのやりきれない想い。
映画を見ているようなドラマティックな展覧会。

この展覧会の最後の作品は、ゴーギャンの”ある絵”で締められています。
ハッピーエンドなのかはわからないけれど、素敵なエンディング。
その絵画で、なんだかすべてが報われた感じがしました。

ゴッホが遺したもの

辛いことが多くて気が滅入ってしまいそうになったときに、
ゴッホのことを思い出すと、なんとなく頑張れそうな気がしてきます。
たった37年という人生の中で、ゴッホ自身はもしかしたら自分の人生を嘆き、意味のないものだと思ったこともあるかもしれない。
けれど、遺したもので救われている人たちが絶対にいること。
それを天国から見ていてくれたらいいなと思います。

The following two tabs change content below.

ギノちゃん

WEBデザイナー。サルヴァドール・ダリをこよなく愛し、休日は西洋絵画を求め美術館めぐりをしています。好きな食べものは納豆と餃子とネギ。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2013/12/21

    Natalの日

ピックアップ記事

  1. 2016-9-28

    アレンジ豊富!自宅で簡単おいしい!ジュースのような日本酒サングリア♪美肌効果も◎

    果物の季節がやってきました! 昨年ブームになった日本酒サングリア。 今年も梨だけでなく様々なフル…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-1

    最近バズってるなと感じるダンス3選!!!

    出典:http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/  「ULTRA TIGE…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-12

    噂のダンシングクラブに行ってみました!

    みなさま、こんにちは!ちっひーです!!月金をお休みをすれば、10日もお休みになるという長…
ページ上部へ戻る
Top